U-18ワールドカップ 第5戦日本12-0でメキシコに投打に圧倒のコールド勝ち!

侍ジャパンU-18

こんばんは、TDです。

9月1日(火)、第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ第5戦。

悪天候の中、試合開始が2時間以上遅れての試合開始。

侍ジャパンU-18の相手は、ここまでグループリーグ1勝3敗のメキシコ。

序盤から効果的に得点を挙げ、メキシコを投打に圧倒しコールド勝ち。

無傷の5連勝でスーパーラウンドへ首位進出。

スポンサーリンク

メキシコ戦試合結果

1 2 3 4 5 6 7 H E
メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
日本 0 5 2 3 2 0 x 15 12 0

勝利投手 成田翔(秋田商) 敗戦投手 ビジャフランカ

スターティングメンバー

メキシコ

メキシコ
1 アレナス
2 ゲレーロ
3 インズンナ
4 ビジャフランカ
5 ミッラン
6 ヴィスカラ
7 ハロ
8 サンタクルス
9 ガイエゴス

日本

日本
1 舩曳海(天理)
2 杉崎成輝(東海大相模)
3 平沢大河(仙台育英)
4 勝俣翔貴(東海大菅生)
5 篠原涼(敦賀気比)
6 DH オコエ瑠偉(関東第一)
7 伊藤寛士(中京大中京)
8 堀内謙伍(静岡)
9 宇草孔基(常総学院)

総括

悪天候により、試合開始時間が2時間以上遅れて開始された。

日本の先発マウンドは、成田翔(秋田商)。

初回メキシコ打線を三者凡退に抑える。

日本のオーダーを大きく変えて、ここまでの4試合1番を打っていたオコエがDH、4番を打っていた清宮が控えからのスタート。

初回、1死後2番の杉崎がレフト前ヒットで出塁するが、後続がセカンドゴロ、ファーストゴロで無得点。

2回のメキシコの攻撃を先発成田が3者連続三振で抑える。

2回裏の日本の攻撃は、1死後この試合DHに入っている6番オコエがセンター前ヒットで出塁すると、オコエの盗塁を警戒したバッテリーがカウントを悪くしていって7番伊藤は四球で出塁。

1死1・2塁の先制のチャンスを迎えるが、8番堀内は三振。しかし、9番宇草が四球を選び2死満塁のチャンスに1番舩曳が押し出し四球を選び日本は1点を先制。

さらに、2番杉崎・3番平沢の連続タイムリーヒットが出て4点を追加。4番勝俣は四球を選び出塁するが5番篠原がライトフライに倒れてスリーアウト。

この回一挙5点のビッグイニング。

メキシコ打線は3回も三者凡退。日本の成田が3イニングをパーフェクトに抑える。

その後も追加点を挙げた日本は12-0でメキシコを圧倒。

投手の方も、成田-高橋樹-高橋純の完封リレーで完勝。

1次予選を5連勝。

スーパーラウンドへ首位で進出が決定!

まとめ

打順を大きく入れ替えて臨んだ、メキシコ戦。

結果は、投打にメキシコを圧倒してコールド勝ちを収めました。

侍ジャパンU-18は、1次予選ラウンドを無傷の5連勝で突破。

9月2日は試合予定がないので、選手たちは疲れた体を休めて3日から始まるスーパーラウンドへ調整して、また、活躍を期待したいです。