U-18ワールドカップ 第4戦日本15-0でチェコにコールド勝ち!

侍ジャパンU-18

こんばんは、TDです。

8月31日(月)、第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ第4戦。

侍ジャパンU-18の相手は、ここまで3連敗でグループリーグ未勝利のチェコ。

序盤から効果的に得点を挙げ、チェコを投打に圧倒しコールド勝ち。ここまで、グループリーグ4連勝。

スポンサーリンク

チェコ戦試合結果

1 2 3 4 5 6 7 H E
日本 5 0 0 3 4 2 1 15 16 1
チェコ 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1

勝利投手 森下暢仁(大分商) 敗戦投手 フルコ

スターティングメンバー

日本

日本
1 オコエ瑠偉(関東第一)
2 DH 篠原涼(敦賀気比)
3 勝俣翔貴(東海大菅生)
4 清宮幸太郎(早稲田実)
5 伊藤寛士(中京大中京)
6 津田翔希(浦和学院)
7 宇草孔基(常総学院)
8 杉崎成輝(東海大相模)
9 舩曳海(天理)

チェコ

チェコ
1 DH ノボトニー
2 チェルビンカ
3 フルプ
4 クラウス
5 ヤロリム
6 グレプル
7 L・メンシーク
8 チャプカ
9 V・メンシーク

総括

チェコの先発は、196センチの長身右腕・フルコ。

日本は、先頭のオコエがショートの失策で出塁すると、2番篠原がセンター前ヒットで続く。

3番勝俣が、初球を右中間スタンドへ今大会チーム初のホームランで3点を先制。

さらに、8番杉崎の2点タイムリーも飛び出し、一挙5点のビックイニングに。

日本の先発は、森下暢仁(大分商)がマウンドに上がる。

2番にライト前ヒット打たれるが、後続を連続三振に打ち取る。

3回の裏、チェコの攻撃時に今大会初の一塁の守備についていた、清宮が左膝の負傷で交代。代わりに、郡司が捕手。捕手の伊藤が一塁の守備へ。

この回も森下がチェコをしっかりと抑える。

その後、日本は4回に3点・5回に4点・6回に2点・7回に1点を追加。

守っては、先発の森下(大分商)がチェコ打線を散発3安打の無四球で抑える。

投打にチェコを圧倒した試合でした。

まとめ

チェコを投打に圧倒して15-0のコールド勝ちをした侍ジャパンU-18。

9月3日から行われるスーパーラウンド進出をグループ予選1試合を残して決めました。

特にこの試合は、3番に入った勝俣翔貴(東海大菅生)が4打数4安打1四球本塁打1打点5と大暴れ。明日のメキシコ戦でも活躍を期待したいです。

左膝を負傷して交代した、清宮幸太郎(早稲田実)の状態が心配ですが、ここ最近状態が悪いのか彼本来のバッティングが見れていません。明日は、休養に充ててリフレッシュして次のスーパーラウンドへ状態を上げていって欲しい所です。

9月1日(火)は、17:30よりメキシコ戦です。

次のメキシコ戦も勝って、予選全勝でスーパーラウンドへ進出してもらいたです。

次の試合もBS朝日で中継放送されます。

また、ネットでも中継が見れます。

参考記事 ネットで第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ視聴出来る!