野球のルール

野球のルールに関して

野球のルール

タッチアッププレーについて詳しく解説!間違って覚えている事も【野球のルール】

野球でランナー1アウトランナー3塁。 外野フライが上がったら、得点するためにタッチアップに備えて3塁ランナーはベースに戻り、外野手がボールを捕球すると同時にホームへスタート。 外野手から返球されたボールをキャッチャーがつかみ、...
野球のルール

完全捕球とは?こんな場合は捕球したことになるの?【野球のルール】

野球ではボールを捕球(キャッチ)する場面は、非常に多いです。 例えば、バッターが打ち上げたフライを捕球してアウトにしたり、ゴロだった場合には内野手が一塁手へ送球して、ファーストベースを踏みながら一塁手がボールを捕球してアウトにしたり...
野球のルール

ボールインプレーとボールデッドの意味と状態について解説【野球のルール】

野球中継を見たり実際に野球をしてプレイしていると、「ボールインプレイ(略してインプレイと呼ばれることの方が多い)」「ボールデッド」という言葉を耳にすることも。 特に野球をしている人であれば、今がボールインプレイの状態なのか、逆にボー...
スポンサーリンク
野球のルール

「ワイルドピッチ(悪送球)」と「パスボール(捕逸)」の違いは何かを解説【野球用語】

野球中継を見ていると、「パスボール」や「ワイルドピッチ」という言葉を耳にする機会がありませんか。 また、試合の記録を付けるスコアラーをする機会があれば、今のは「パスボール」「ワイルドピッチ」のどっち? こういう判断が必要な場面...
野球のルール

打ったボールにグローブを投げたらどうなる?当たらなかった時は?

打者が打った打球が届かない。思わず着けていたグラブで、ボールを止めようと投げてしまった。 普通ならあり得ないプレーで、大事なグローブを投げる行為をしたら、指導者から大目玉を喰らいますよね。 普通ならあり得ないことですが、もし本...
2021.05.30
野球用語・指標

野球で投手の継投戦略「オープナー」とは?そのメリットとデメリット!

近代野球では、先発・中継ぎ・セットアッパー・抑え(クローザー)のように、投手としての役割が分業制になってきました。先発が6~7回まで試合を作り、8回をセットアッパー、9回を抑え(クローザー)で締めくくるのが一般的な継投策でもあります。 ...
2021.03.24
野球用語・指標

塁打数・長打率の意味と計算方法~野球における打者の能力指標

野球で打者の能力を表す指標に、塁打数や長打率というものがあります。 打率や打点などの指標は、プロ野球などを観戦しているとバックスクリーンの選手紹介部分にも表示されたりするので割と目にする機会が多いです。 しかし、塁打数や長打率...
2021.05.28
野球用語・指標

WHIPはピッチャーの能力を評価する指標の一つ!その意味や計算方法など!

日本のプロ野球では目にしませんが、メジャーリーグなどでは目にする機会が多いのがWHIPという項目。 このWHIPの項目が表示されているのは、ピッチャーの成績欄などに記載されています。 もちろんピッチャーの欄に記載されているので、ピッ...
2019.03.07
野球のルール

2017年より野球で危険なスライディングを禁止!

2017年よりプロ野球で、危険なスライディングが禁止になる模様。 2016年よりアメリカ大リーグで導入されたルールで、日本では2017年1月に開かれるプロ・アマ合同の規則委員会で公認野球規則が改定される。 このルールをどのよう...
2021.06.18
野球のルール

ホームランを打ったバッターに代走?プロ野球での珍事!

色々あるスポーツの中でも野球のルールはかなり複雑なところがあります。 実際にその場面に遭遇して初めて「そんなルールあったんだ」というような事も。 そこで、こんなケースはどうなるのか?また、こんな時はルール上どうなっているのかを...
2021.06.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました