ベストナインや個人表彰選手が発表される!第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ

侍ジャパンU-18

第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップは、アメリカの優勝で幕を閉じました。

侍ジャパンU-18は、優勝を期待されましたが惜しくもアメリカ決勝で敗れ、準優勝でした。

第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップのベストナインや個人賞が発表されました。

スポンサーリンク

ベストナイン

先発投手 佐藤世那(日本・仙台育英)
救援投手 レジナルド・ジェファーソンローソン(アメリカ)
捕手 堀内謙伍(日本・静岡)
一塁手 ジョッシュ・ネイラー(カナダ)
二塁手 ホセ・ガルシア(キューバ)
三塁手 篠原涼(日本・敦賀気比)
遊撃手 平沢大河(日本・仙台育英)
外野手 ルイス・ロベルト(キューバ)
ブレーク・ラサフォード(アメリカ)
勝俣翔貴(日本・東海大菅生)
DH トリスチャン・キング(オーストラリア)

以上、日本の選手は5人選出されています。

選出国の中で最多となっています。

個人賞

最高打率 .556 勝俣翔貴(日本・東海大菅生)
最高防御率 0.00 上野翔太郎(日本・中京大中京)
最高勝率 2勝0敗 1.00 佐藤世那(日本・仙台育英)
最高打点 12打点 勝俣翔貴(日本・東海大菅生)
最高HR 3本 ジョッシュ・ネイラー(カナダ)
最高盗塁 6盗塁 (韓国)
最高得点 舩曳海(日本・天理)
MVP プラット(アメリカ)
最優秀守備 オコエ瑠偉(日本・関東第一)

予選とスーパーラウンドまでの成績で表彰されています。

まとめ

ベストナイン・個人賞の発表がありましたが、どちらも日本の選手が最多で選出されています。

それだけ、日本の選手の活躍が際立っていたと言う事でしょう。

惜しくも優勝は逃しましたが、記憶に残るとてもいい大会になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする