メジャーリーグでの守備時の成績・スタッツ表記の意味

メジャーリーグでの守備側のステータス表記 メジャーリーグ

メジャーリーグでの守備側のステータス表記

日本のプロ野球などで守備の記録として、補殺や刺殺、盗塁阻止率、エラー数などと表記されて多少野球経験をしているとその意味がすぐに分かりますが、海外の特にメジャーリーグなどを見ていると、その守備側の記録・スタッツ表記を見ても分かりにくい物が多いです。

 

そこで、メジャーリーグで守備側の記録・スタッツ表記を日本の野球表記を添えて分かりやすく表記してみました。

 

スポンサーリンク

メジャーリーグでの守備側の記録・スタッツ表記

POS(POSITION)

守備位置。POSITIONの略。

投手(ピッチャー):P(Pitcher)
捕手(キャッチャー):C(Catcher)
一塁手(ファースト):1B(First Baseman)
二塁手(セカンド):2B(Second Baseman)
三塁手(サード):3B(Third Baseman)
遊撃手(ショート):SS(Shortstop)
左翼手(レフト):LF(Left Fielder)
中堅手(センター):CF(Center Fielder)
右翼手(ライト):RF(Right Fielder)

INN(INNINGS)

守備イニングの数。INNINGSの略。

TC(TOTAL CHANCES)

守備機会の数。TOTAL CHANCESの略。

PO(PUTOUTS)

刺殺の数。PUTOUTSの略。

A(ASSISTS)

補殺の数。ASSISTSの略。

E(ERRORS)

エラーの数。ERRORSの略。

DP(DOUBLE PLAYS)

併殺(ダブルプレイ)をした数。DOUBLE PLAYSの略。

PB(PASSED BALLS)

捕逸の数。PASSED BALLSの略。

FPCT(FIELDING PERCENTAGE)

守備率。FIELDING PERCENTAGEの略。

守備率の計算方法!野球における選手守備力の指標
選手の守備力を表す指標として、守備率があります。選手個人やチーム全体の守備率の数字が大きい程、エラーが少なく守備力が高い選手・チームを表します。そこで、選手・チームの守備力を表す守備率の計算方法、刺殺・補殺・守備機会の意味を紹介します。

 

SB(STOLEN BASES)

許した盗塁の数。STOLEN BASESの略。

CS(CAUGHT STEALING)

盗塁を阻止した数。CAUGHT STEALINGの略。

RF(RANGE FACTOR)

アウト寄与率。RANGE FACTORの略。

まとめ

日本の野球で守備側の記録表記で馴染みのある物が、メジャーリーグだとどのように表記されているのかをまとめてみました。

守備者がエラーをした時などは、スコアボードに”E”が表示されるので分かり易いですが、他の表記などは意味を知ってないと、すぐには覚えられない感じです。

 

メジャーリーグやWBCの結果などで、海外のWEBサイトで記録などを見る時などに役立てば。

コメント

タイトルとURLをコピーしました