U-18ワールドカップ 第2戦日本3-0でアメリカに快勝!佐藤世那が5安打完封!

侍ジャパンU-18

こんばんは、TDです。

8月29日(土)、第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ第2戦。

侍ジャパンU-18のの相手は優勝候補のアメリカでしたが、先発の佐藤世那(仙台育英)が5安打完封で3-0で勝利しました。

序盤はなかなか攻めあぐねている状態でしが、相手のエラーやタイムリーで3点を先制してそれを守りきる内容でした。

スポンサーリンク

アメリカ戦試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
アメリカ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
日本 0 0 0 0 3 0 0 0 X 3 5 0

勝利投手 佐藤世那(仙台育英) 敗戦投手 ギャレット

スターティングメンバー

アメリカ

アメリカ
1 モニアク
2 ラザーフォード
3 DH バクスト
4 クインダナ
5 プラット
6 ベンソン
7 ストップ
8 アムダイティス
9 マッカロー

日本

日本
1 オコエ瑠偉(関東第一)
2 篠原涼(敦賀気比)
3 平沢大河(仙台育英)
4 DH 清宮幸太郎(早稲田実)
5 豊田寛(東海大相模)
6 伊藤寛士(中京大中京)
7 郡司裕也(仙台育英)
8 津田翔希(浦和学院)
9 舩曳海(天理)

総括

日本は、佐藤世那(仙台育英)が先発。

初回は、2番に四球を与えるが後続を抑えて無難な立ち上がり。

一方、アメリカは191センチと長身左腕のギャレットが先発。

先頭バッターのオコエがライト前ヒットで出塁するが、後続が抑えられて迎えた2死1塁の場面でキャッチャーがボールを弾き、オコエが2塁を狙うがタッチアウト。

4回まで両投手の好投でチャンスらしい場面も無く進む。

試合が動いたのは5回。アメリカの攻撃。

1死を取るも8番9番に連続ヒットを許し、上位打線へ。

1番バッターの3球目、2塁ランナーが3塁へ盗塁。タイミングはアウトでしたが、3塁手のタッチが甘くセーフに。その後1番にも四球を与えて、1死満塁のこの試合最初の大ピンチ。

それでも落ち着いた投球で、2番バッターを外角フォークで引っ掛けさせて4-6-3のダブルプレーで最大のピンチを脱出。

野球ではよく言われる格言で、”ピンチの後にチャンスあり”。

まさに、その言葉通り日本にもチャンスが。

6番伊藤がライト前ヒットで出塁すると、7番郡司がしっかり送りバントでランナーを2塁に送って、8番津田がライト前ヒットを放ち2塁ランナーの伊藤が一気にホームヘ生還し日本が先制。

さらに1番オコエがファーストへ大きく弾むゴロを打ち、俊足を生かしてセーフになると、その隙をついて2塁ランナーの津田がホームへ。

その後、アメリカのエラーもありさらに1点を加えて3点を先制。

その後、日本はピンチらしい事もなく、先発の佐藤が5安打完封勝利。

日本の機動力が勝ったような試合内容でした。

まとめ

優勝候補のアメリカ戦。

日本がどのように攻めるのか楽しみでしたが、やはり良い投手が出て来ます。

なかなかヒットを打てない相手に対して、次の塁を狙う積極的な走塁が勝利を呼び寄せたのでしょう。

もちろん、先発の佐藤世那(仙台育英)投手の好投があっての事ですが。

次戦は30日17:30からオーストラリア戦になります。

このまま無傷の状態で、スーパーラウンドに進んでもらいたいです。