【2022年シーズン】大谷翔平選手のホームラン速報動画まとめ

メジャーリーグ 大谷翔平が所属するエンゼルス メジャーリーグ

昨年度(2021年)はキャリアハイとなる46本のホームランを放ち、MLBのリーグMVPに輝いた大谷翔平選手。

2022年シーズンもエンゼルスで、投打に活躍が期待されています。

そんな、投打に魅力のある大谷翔平選手が2022年に放ったホームラン動画(MLB.comMLB公式Youtubeチャンネルから)をまとめています。

スポンサーリンク

【速報】2022年大谷翔平選手のホームラン動画

メジャー5年目となる2022年シーズンをむかえた大谷翔平選手。

その大谷翔平選手が、2022年シーズンで放ったホームラン動画の一覧になります。

【9号】5月23日 日米通算150号となる先頭打者ホームラン

アスレチックス戦の初回。1番DHで出場した大谷翔平選手。

0ボール1ストライクから、76マイルのボールを弾き返すとボールはセンター方向へ。

日米通算150号となる、先頭打者ホームランを放ちました。

【8号】5月16日 先制2ランホームラン

メジャー通算100号ホームランを放った翌日の試合。

1アウトランナー1塁でまわってきた、大谷翔平選手の第1打席。

カウント2ボール1ストライクから、真ん中高めに入ってきた96マイルのボールを捉えると、右中間スタンドへ。

打った瞬間ホームランと分かる、特大の先制2ランホームランを放ちました。

【7号】5月15日 メジャー通算100号となる2ランホームラン

93マイルのボールを捉えると、打球はセンターバックスクリーンへ。

メジャー通算100号となる、2ランホームランを放ちました。

メジャー通算100号到達した日本人

日本人選手では、松井秀喜氏の175本・イチロー117本に続き3人目の大台到達。

【5号&6号】5月10日 2打席連続・キャリア初の満塁ホームラン

第3打席でソロホームランを放っている同日。

ノーアウト満塁と絶好のチャンスで、第4打席を迎えます。

3ボール1ストライクから、88マイルのカーブを逆方向に弾き返すと、大谷翔平選手にとってキャリア初となる満塁ホームランを放ちました。

シーズン2回目(通算8回目)となるマルチホームラン。

2番バッターのトラウト選手が、2ランホームランを放った後の大谷翔平選手の打席。

初球、真ん中よりに入ってきた81マイルのボールを捉えると、左中間スタンドへソロホームランを放ちました。

トラウト選手と今シーズン初となるBack to back(アベック弾)。さらには、今シーズン初の本拠地でのホームランとなりました。

【4号】4月30日 久しぶりとなるホームラン

なかなか調子が上がらない中、迎えた4月30日のホワイトソックス戦。

この日は4番DHとして起用され、迎えた第1打席。

カウント3ボール1ストライクから、真ん中高め93マイルのボールを弾き返すと、打球は左中間方向へ。

滞空時間の長い、3号ソロホームランを放ちました。

【3号】4月17日 2試合連続となるホームラン

前日に2本のHRを放っている大谷翔平選手。

2アウトランナー2塁と打点のチャンスでまわってきた第5打席。

80マイルの変化球を捉えると、右中間スタンドへ飛び込む3号2ランホームランを放ちました。

【1号&2号】4月16日 1試合2HR

この日第1打席に、2022年シーズン1号ホームランを放った大谷翔平選手。

1アウトランナー1塁でむかえた第3打席。

0ボール1ストライクから、内角高めの86マイルのボールを捉えると、ライトスタンドへ飛距離十分特大の2ランホームランを放ちました。

前年(2021年)と同様に、先発投手として出場した翌日には、高い確率でホームランが飛び出しますね。

投手として先発した翌日となる4月16日。

第1打席で96マイルのボールを捉えると、ライトスタンドへ飛び込む2022年シーズン1号となる先制ホームランを放ちました。

2022年大谷翔平選手のホームラン動画のまとめ

メジャー5年目を迎えた2022年シーズン。

今シーズン現時点では、バッターよりもピッチャーとしての活躍が目立っていますが、それでも、他の選手と比べても活躍を見せる大谷翔平選手。

今シーズン、さらに多くのホームランを打つ姿を見たいですね。

関連記事【2021年シーズン】大谷翔平選手のホームラン速報動画まとめ

コメント