2018年日本人メジャーリーガーの所属球団情報一覧

2018年日本人メジャーリーガー所属球団一覧 メジャーリーグ

2018年は、大谷翔平選手を筆頭に有望な日本人プロ野球選手がアメリカへ渡り、メジャーリーガーとしてデビューしています。

NPB(日本プロ野球)に所属している球団は知っていても、アメリカメジャーリーグの球団(30球団)はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、アメリカメジャーリーグで活躍している日本人メジャーリーガーが所属している球団情報一覧です。

 

スポンサーリンク

現役メジャーリーガー

イチロー

所属:シアトル・マリナーズ(アメリカンリーグ・西地区)

今年から古巣でシアトル・マリナーズに復帰しましたが、残念ながら2018年5月3日に「スペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)」の契約を締結し、選手としては今シーズンの残り試合には出場しないことが発表されました。

 

岩隈久志

所属球団:シアトル・マリナーズ(アメリカンリーグ・西地区)

 

 

田沢純一

所属球団:マイアミ・マーリンズ(ナショナルリーグ・東地区)

2018年 マーリンズ田沢純一の投手成績一覧
2018年、メジャーリーグのマーリンズに所属している田沢純一投手。2016年・2017年と不調や故障の影響もあり不本意な成績でしたが、10年目を迎える2018年は契約などを考えると何としても結果を残したいところです。そんな、田沢純一の投手成績一覧です。

 

田中将大

所属球団:ニューヨーク・ヤンキース(アメリカンリーグ・東地区)

2018年 ニューヨークヤンキース田中将大の投手成績一覧
2014年からアメリカメジャーリーグのニューヨークヤンキースに所属して、今年で5年目を向かえる田中将大投手。毎年コンスタントに2桁勝利を上げていますが、2017年は防御率やWHIPの低下など若干不安な1年だったかもしれません。そんな、前年度の内容を上回りたい田中将大投手の2018年メジャーでの投手成績一覧です。

 

ダルビッシュ有

所属球団:シカゴ・カブス(ナショナルリーグ・中地区)

2018年 シカゴ・カブス ダルビッシュ有の投手成績一覧
2018年になるとシカゴ・カブスと6年契約1億2,600万ドルの大型契約を結びました。メジャー7年目を迎えカブスでは、先発の一員として期待されています。そんな、カブスと大型契約を結んだシカゴ・カブス ダルビッシュ有投手の2018年メジャーでの投手成績一覧です。

 

前田健太

所属球団:ロサンゼルス・ドジャース(ナショナルリーグ・西地区)

2018年 ドジャース前田健太の投手成績一覧
2015年オフにポスティングシステムを利用して、2016年からアメリカメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースに所属して、今年(2018年)で3年目を向かえる前田健太投手。そんな、前年のリリーフ投手から本職の先発投手として再度活躍を目指すドジャース前田健太投手の2018年メジャーでの投手成績一覧です。

 

2018年からメジャーリーガー

大谷翔平

所属球団:ロサンゼルス・エンゼルス(アメリカンリーグ・西地区)

2018年 エンゼルス大谷翔平の投手・打者成績
2018年からアメリカメジャーリーグのエンゼルスに所属して、投手と打者の2刀流(両方)に挑戦している、大谷翔平選手の成績一覧です。まだまだ、シーズンは始まったばかりですが、まるで漫画の主人公のような活躍に、日本のみならずアメリカでも注目されています。

 

平野佳寿

所属球団:アリゾナ・ダイヤモンドバックス(ナショナルリーグ・西地区)

2018年 ダイヤモンドバックス平野佳寿の投手成績一覧
2018年からアメリカメジャーリーグのダイヤモンドバックスに所属して、メジャーリーグデビューを果たした平野佳寿投手。2017年オフに海外FA権を行使して、オリックスからアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍。そんな、平野佳寿投手の2018年メジャーでの投手成績一覧です。

 

牧田和久

所属球団:サンディエゴ・パドレス(ナショナルリーグ・西地区)

5月7日(日本時間8日)、再調整のためマイナー(3A:エルパソ・チワワズ)降格が発表されました。
5月13日(日本時間14日)、1週間ぶりのメジャー復帰。

2018年 パドレス牧田和久の投手成績
2017年オフにポスティングシステムで西武ライオンズよりアメリカメジャーリーグのサンディエゴ・パドレスに移籍した2018年の牧田和久投手の成績一覧です。シーズンは始まったばかりですが、非常に数少なくなってきたアンダースローからの投法でメジャーのバッターを困惑させる様が浮かびます。

 

まとめ

2018年には、3人の日本人メジャーリーガーが誕生しました。

特に話題になっているのが、投手と打者の二刀流に挑戦する大谷翔平選手。

リリーフ登板で活躍が期待される平野佳寿投手。

また、今は非常に少なくなった投法のアンダースロー投法の牧田和久投手。

日本人現役メジャーリーガーとこれらの日本人メジャーリーガーがどれだけ活躍するかも非常に楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました