タイブレークは何回から?高校野球・プロ野球・MLBはどうなのか

タイブレークは何回から?高校野球・プロ野球・MLBはどうなのか 野球のルール

野球が延長戦になったら、「突然ランナーがいる状態からスタートしている」と不思議に思われる方もいるのでは。

それは、延長戦を早期決着させるために採用されている「タイブレーク」の状態。

では、この「タイブレーク」とはどういう状態で始まるのか。また、高校野球・プロ野球・MLBでの違いは何かを解説します。

スポンサーリンク

そもそもタイブレークとは?

そもそもタイブレークとは?

野球が9回同点で延長戦になると、いつその試合に決着がつくか分かりません。

場合によっては、延々と延長戦が続くこともあります。

その延長戦を早期決着をつけるために、得点が入りやすいシチュエーション(ランナー1・2塁やランナー2塁の状態からスタートさせるのがタイブレークです。

ソフトボールでは従来から、延長戦になったらタイブレークが採用されていましたが、野球はここ最近採用されるようになりました。

高校野球・プロ野球・MLBでタイブレークは何回から?

高校野球・プロ野球・MLBでタイブレークは何回から?

大会規則やその年のルールによって、タイブレークが行われる回や走者の数等が変わってきます。

ここに記載している内容は、2021年度時点の内容となります。

高校野球(甲子園大会)でのタイブレーク内容

高校野球の場合は、9回が終わり同点だったさいには、そのまま延長戦に入ります。

その延長戦が12回経っても同点で決着がつかない場合、13回からタイブレークになります。

高校野球のタイブレーク内容
  • ノーアウト、ランナー1・2塁の状態からスタート。
  • 打順は延長12回終了時点の打順を継続。以降、延長回終了時点の打順を継続。
  • 1塁ランナーは、前の回の最終打者。2塁ランナーは、最終打者の前の打者。
    (例:打者が7番バッターなら、1塁ランナーは6番打者、2塁ランナーは5番打者)
  • タイブレーク以降決着がつくまで、タイブレーク状態が続く。

高校野球の場合、1人の投手が投げることが出来るのは15回以内が限度となっています。

また、従来までは決勝戦のタイブレークは除外されていましたが、高校野球特別規則の改正により決勝戦でも延長13回からタイブレークが行われるようになります。

参考記事 高校野球特別規則(2021年版)-PDF

プロ野球(NPB)の場合

2021年時点では、日本プロ野球(NPB)ではタイブレークを採用していません。

試合時間短縮の目的で、2021年は9回終了時点で同点の場合は、引き分けとなっています。

メジャーリーグ(MLB)のタイブレーク内容

メジャーリーグ(MLB)の場合、9回終了時点で同点で決着がついてないと、延長10回からタイブレークになります。

メジャーリグ(MLB)のタイブレーク内容
  • ノーアウト、ランナー2塁の状態からスタート。
  • 打順は9回終了時点の打順を継続。以降、延長回終了時点の打順を継続。
  • 2塁ランナーは、前の回の最終打者。
  • タイブレーク以降決着がつくまで、タイブレーク状態が続く。

2021年のシーズンは、特別ルールとして延長タイブレークを採用しています。

高校野球・プロ野球・MLBのタイブレーク内容のまとめ

2021年に関して、延長戦でのタイブレークを採用しているのは、高校野球とメジャーリーグ(MLB)。

プロ野球(NPB)の場合は、9回同点で引き分けのためタイブレークはありません。

タイブレークは、延長戦で早期決着をつけるための制度で、基本的にはランナー1・2塁、もしくは、ランナー2塁からスタートします。

タイブレークに突入すると、その緊張感は一気に上昇し、早ければタイブレーク1回で決着することもあるので、タイブレークに突入したら目が離せないですね。

関連記事 【2021年】プロ野球中継をネット配信で無料視聴する方法を解説!

コメント