打ったボールにグローブを投げたらどうなる?当たらなかった時は?

打ったボールにグローブを投げたらどうなる?当たらなかった時は? 野球のルール

打者が打った打球が届かない。思わず着けていたグラブで、ボールを止めようと投げてしまった。

普通ならあり得ないプレーで、大事なグローブを投げる行為をしたら、指導者から大目玉を喰らいますよね。

普通ならあり得ないことですが、もし本当にこのような「打球を止めようと、グラブを投げつけて止める」行為をしたらどういう罰則があるか。

逆に、こういうプレーをして「ボールにグラブが当たらなかった」場合はどうなるかを解説します。

スポンサーリンク

打球にグラブを投げて止めたら安全進塁権3つが与えられる

打球にグラブを投げて止めたら安全進塁権3つが与えられる

野球のルールは非常に複雑で、難しいことが多いです。

野手がグラブを故意に投げて、フェアボールに触れさせた場合。この際はボールインプレイであるから、バッターはアウトを賭して本塁に進んでもよい。

引用:公認野球規則 7.05 (C)

バッターが打ったフェアボールの打球をグローブを投げて止める行為をした場合、打者には3つの安全進塁権が与えられます。

そして、このプレーはボールインプレイなので、そのままプレーは続行で打者はアウトになる可能性も考えて、ホームに進んでもいいです。もちろん、ホームでアウトになればアウトなのですが。

外野手がこのような行為をして、打球に触れてしまえば、バッターランナーはホームを狙うことが出来そうです。

しかし、内野手がこのような行為をしても普通なら外野手がバックアップしているので、流石にホームを狙う事はできませんよね。

その場合は、しっかり3つの安全進塁権を貰って、三塁まで進んでしまえばいいです。

バッターが打ったフェアの打球に対して、故意にグローブを投げて止めてしまうと、3つの安全進塁権が与えられる。

投げたグラブがボールに当たらなかった場合は

投げたグラブがボールに当たらなかった場合は

逆にバッターが打った打球にグローブを投げて、それが当たらなかった場合には、今のところ何の罰則もありません

一応、今のところという事になりますが(年々ルールは変更になっていくので)。

バッターが打ったボールを帽子等で止めた場合

バッターが打った打球に対して、グローブを投げた場合は先ほどの罰則がありますが、では帽子などで止めた場合はどうなるか。

ちょっと、疑問に思う方もいるのでは。

野手が帽子、マスクその他ユニフォームの一部を本来つけている箇所から離してフェアボールに故意に触れさせた場合。この際はボールインプレイであるから、バッターはアウトを賭して本塁に進んでもよい。

引用:公認野球規則 7.05 (b)

一応、公認野球規則には、「故意」で帽子やマスクなどをフェアボールに対して触れさせた場合、安全進塁権3つが与えられるようになっています。

結局は、グローブを投げつける行為と同様の罰則が適用されるようになっています。

実際にプロ野球で打球に対してグローブを投げつけた例

まず日本人のプロ野球選手が、同様の行為をする事は考えにくいですが。

また、最近メジャーリーグでも同様の行為があり、話題になりました。

まとめ:打ったボールにグローブを投げて当たったら安全進塁権3つ

バッターが打った打球に対してグローブを投げつけて止めようとする行為。

もし、ボールにグローブが当たったらバッターに安全進塁権が3つ与えられるので、絶対にしないように。

まあ、普通なら指導者からメチャクチャ叱られてしまう行為なので、普通の選手はしないでしょうが、もし審判をしてそういう場面に遭遇したら、このようなジャッジになるという事を覚えておくといいでしょう。

稀なケースですが。

関連記事 【2021年】プロ野球中継をネット配信で無料視聴する方法を解説!

コメント