WHIPはピッチャーの能力を評価する指標の一つ!その意味や計算方法など!

WHIPは投手の能力を評価する指標

日本のプロ野球では目にしませんが、メジャーリーグなどでは目にする機会が多いのがWHIPという項目。

このWHIPの項目が表示されているのは、ピッチャーの成績欄などに記載されています。

もちろんピッチャーの欄に記載されているので、ピッチャーの能力の数値化した指標です。

このWHIPがピッチャーの何の能力を示しているのが、そして、その計算方法などです。

スポンサーリンク

WHIPの意味と計算方法

WHIPの意味

ピッチャーの能力を評価する指標の一つで、WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched)の略です。

ピッチャーが投球イニングあたりにどれだけヒットを打たれたり、どれだけ四球を出したかを示しています。

簡単に言えば、ピッチャーがどれだけランナーを出塁させないかを表しています。

ランナーを出塁させる事が少なければ少ない程、失点する確率が低くなるのでこの数値が低いピッチャーほどバッターを出塁させない能力が高い事になります。

ピッチャーの能力を示す指標に防御率がありますが、これは自責点が計算上関係してきますが登板していたピッチャーが残したランナーをリリーフピッチャーが返してしまった場合などにも数値が変化するので、必ずしも一人のピッチャーだけでこの指標の数字をコントロール出来ない指標です。

こんばんは、TDです。 投手の能力を表す指標の一つとして、防御率という物があります。 プロ野球・アマチュア野球を問わず、...

逆にこのWHIPの場合は、完全に登板したピッチャーの結果のみの指標になります。

WHIPの計算方法

WHIP = (被安打+与四球) ÷ 投球イニング

上記計算式で表します。

与える死球を計算式に含めない点は注意して下さい。

例として計算すると、ピッチャーAが先発し6イニング投げて被安打5で与四球1の内容だった場合、先程の計算式に当てはめて計算すると

(被安打5+与四球1) ÷ 6 = 1.00となり、WHIP 1.00となります。

ピッチャーBがリリーフ登板を5試合し、合計8回2/3イニング投げて被安打8で与四球1の内容だった場合。

(被安打8+与四球1) ÷ 8.6(2/3イニングは0.6で計算) = 1.04となり、WHIP 1.04となります。

WHIPの基準値

一般的にWHIPが示す値の基準です。

WHIPの値 ピッチャーの評価
1.00以下 非常に素晴らしい
1.10 非常に良い
1.25 平均以上
1.32 平均
1.40 平均以下
1.50 悪い
1.60以上 非常に悪い

WHIPを活用する上での問題点

まずWHIPを計算するさいに被安打と与四球を足すところは理解出来ます。

同じように、バッターをランナーとして出塁させてしまう中で、与死球が含まれていない部分です。

死球(デッドボール)は、ピッチャーのコントロールミスによる部分が大きいです。

1本の被安打と1本の被本塁打の価値が同じ点です。

こういう点に着眼していくと、全ての指標でも言えてくるので、あくまでもピッチャーがバッターを出塁させない能力として示していると考えて参考にした方がいいです。

まとめ

日本のプロ野球では、成績欄などにWHIPの指標は記載されていませんが、メジャーリーグでは記載されています。

そのWHIPは、ピッチャーがバッターを出塁させない能力を示しており、その計算式は

WHIP = (被安打+与四球) ÷ 投球イニングで計算出来ます。

一般的にWHIPが示す平均は1.32です。

特にリリーフピッチャーの能力評価をすることに向いた指標かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする